圏域別コース


観光時やコースは利用客が自由に変更できます。

東釜山コース

  • 出発 ▶
  • ① 広安里海水浴場 ▶
  • ② 民楽水辺公園 ▶
  • ③ 映画の殿堂 ▶
  • ④ ヌリマルAPECハウス ▶
  • ⑤ タルマジ・ゴゲ ▶
  • ⑥ 海東竜宮寺
  • ▶ 到着
  • ▶ 広安里海水浴場
  • ▶ 民楽水辺公園
  • ▶ 映画の殿堂
  • ▶ ヌリマルAPECハウス
  • ▶ タルマジ・ゴゲ
  • ▶ 海東竜宮寺
  • 広安里海水浴場

    光眼帯校と調和した海の光景は他の場所と比較できない魅力で,夜間照明を点灯する瞬間、もっと特別な美しさで染まる。浜辺に沿って立ち並ぶ色んな芸術作品が展示されており'浪漫の距離'、'日の出広場'、'若者の街'に区域を分けて公演や見どころを提供する。 海岸道路周辺には約100箇所のカフェが密集している。

  • 民楽水辺公園

    広安里海水浴場と隣接した国内初の水辺公園で、海雲台や広安里の中間地点に位置する。海だった場所を公園として造成し、花壇やベンチなどで利用者たちの便利な所になっています。周辺のすし屋から購入した刺身をここで食べられる。海風に当たりながら食べるのはどんな味か、釜山っ子たちが楽しむこの方式で民楽水辺公園を利用してみよう。

  • 映画の殿堂

    B2011年に開館したここは3つの専用上映館とシネマウンテン、野外公演場、ビプヒルなどの目的ホールがいる。 最新の芸術映画を上映する小劇場をはじめ、様々な企画展を披露している。毎年テーマを選定して無料上映をして、5月~9月には野外劇場コンサートも開催する。 毎年10月には釜山国際映画祭の開・閉幕式とレッドカーペット行事を進行する映画祭の中心地に躍り出たところだ。

  • ヌリマルAPECハウス

    2005年APEC首脳会議を記念するため、椿島(ブサン・トンベクソム)内に設立した所である。韓国伝統建築精子を現代式に再解釈し、歴代の会議場の中で最も素晴らしい風景を誇るところで絶賛を受けた。首脳会議当時の姿と記録をうかがい知ることができて、APEC関連記念品やヌリマルの模型展示にも見られる。

  • タルマジ・ゴゲ

    海雲台で松亭につながる道に位置したワウサン。ここの中腹に位置した海岸通りがまさにタルマジ峠だ。 この名前は、海上に浮いた月を見やすいという意味で名付けられたと伝えられている。 ここには数多くのギャラリーが密集していることもある。 桜の木、松の木が立ち並んでいる道はドライブコースとしても有名てカフェ、高級レストランなど'雰囲気を味わう'特別な場所が多く、デートの場所としても遜色ない。

  • 海東竜宮寺

    寺院内108の階段入り口の砲台画像はその倍を触ると息子を産むことができるといううわさで手垢がいっぱいついている。 竜宮寺は、青い東海の絶景が素通しの所に位置していてもっと特別だ。 大雄殿の前に広がる海の風景を鑑賞するため、信教の如何を離れ、多くの観光客が立ち寄るだけに、寺の入り口では、色んな料理を販売する屋台探しも容易にできる。

その他東釜山(プサン)地域の行って見る所


  • - UN公園 - ここは旅行の時、必ずお勧めの場所だ。 すぐに国連総会で'国連記念墓地'に指定した世界唯一の墓地だから。6・25戦争当時、韓国に派兵された11カ国の約2,300人余りの遺体が眠っている。 世界の中でたった一ヵ所だけの国連記念墓地で平和のために戦う瞑する霊たちの魂を称える時間を持って見るのはどうだろうか。

  • - 荒嶺山展望台 - 恋人たちのドライブコース、釜山、花火フェスティバルが一望できる最適の場所、釜山の夜景が眺められる場所など、こちらは享受する楽しさが多様だ。 フヮンリョン山の入口までは乗用車で登ることができ、見通しの憩いの場は地上展望台と、地下カフェテリアなどで構成されている。 月曜日を除いて毎日午前10時から午後11時まで運営される。

  • - イキデ自然公園 - イキデという地名には2人の寄生が倭将を抱えて海水に乗り出したという逸話が伝えられている。 義理堅い妓女たちのためになる心が名前からにじみ出るここは特に海岸絶壁から眺める景観が美しいことで有名な場所。ここに造成された都市自然公園は打ち寄せる波を鑑賞するのに最適な場所である。

  • - 五六島のスカイウォーク - 37mの下海を眺めながら感じる痛快なスリル、めまいがするような楽しさが、ここで繰り広げられる。 海の方向に突出された透明な蹄鉄底の上に24個のガラス板を続いておいたここは立っていると、まるで空に浮かんでいる錯覚を起こすほど。 足の下にまっすぐ見える打ち寄せる波が、ぴりっとする。

  • - ドベイ101 - 海洋レジャー装備を停泊できる、マリーナ施設と休憩スペース、カフェとパブ、外食空間などで構成されたここは海雲台で浮いている複合海洋レジャー施設として人気を集めている。 ヨット、ジェットボート、クルーズなどを楽しむことができて、海雲台マリーンシティの摩天楼を背景に、夜景を眺めながら冷たい生ビールを一杯をプレビューにここほど、うっとりした所があるだろうか。

  • - 松亭海水浴場 - 松亭海水浴場は自然本来の美しさを持つ所だ。 夏ごとに避暑客やサーファーたちの愛をいっぱい受ける場所であり、ワカメ祭り、松亭海辺祭り、松亭竹島文化祭など多彩な行事が絶えないここは特に大学生たちのMTの場所、結婚を控えた予備新郎新婦の撮影場所で大きな人気を得ている。

  • - テビョン港 - 韓国のカタクチイワシ生産の60%以上を占める所だ。 清浄水質と速い流れのおかげで、ここでは運動量が高いおいしいたカタクチイワシを簡単につかむことができると。 もちもちて新鮮なカタクチイワシはその場で食べることもある。 毎年4月には港の一員で'機長カタクチイワシ祭り'が開催されるが、漁民たちの楽しい歌声とカモメの羽ばたきが祭りの身命をさらに高める。

中釜山コース

  • 出発 ▶
  • ① 西面の地下商店街 ▶
  • ② 上海距離 ▶
  • ③ 龍頭山公園 ▶

  • ④ 国際市場(チャガルチ市場) ▶
  • ⑤ 太宗台
  • ▶ 到着

  • ▶ 西面の地下商店街
  • ▶ 上海距離
  • ▶ 龍頭山公園
  • ▶ チャガルチ市場 / 国際市場
  • ▶ 太宗台
  • 西面の地下商店街

    地下鉄の西面駅で直ちに始まっている地下ショッピング通り。 ここは約330種の売り場が入っており、平日20万人に近い人口が往来する。 地下鉄乗り換え駅であり、百貨店とメディカル・ストリートとつながっており、20~30代の女性たちの服、アクセサリー、化粧品売り場などが地下街内の多くの比重を占めている。 毎月第一週火曜日は、定期休業日であり、午前10時30分から夜10時30分まで運営する。

  • 上海距離

    中国だけの色で中国だけの色で飾られたこの街は韓国の中の中国を得ることには全く不足することがない。 華僑1世代が草梁に定着して作られた。 6・25戦争当時、全国で多くの華僑たちが集まって形成されており、釜山(プサン)と中国上海市が姉妹関係を結んだ。 多様な食べ物と特有の文化を楽しむことができ、毎年'釜山チャイナタウン特区文化祭り'が開催される。

  • 龍頭山公園

    ここは釜山の3大名山の一つである龍頭山に位置している。 釜山の代表的な観光地の一つで、釜山市民はもちろん、観光客もよく訪れる名所である。 公園に位置した釜山タワーは釜山の全景が一目で見下ろすことができる見込みが美しいことで有名だが、釜山港大橋と調和した夜景鑑賞が特に人気を集めている。

  • チャガルチ市場 / 国際市場

    南浦洞と光復洞一帯で会う釜山(プサン)の最も釜山らしい姿。すぐチャガルチ市場や国際市場で確認できる。 両市場は、釜山(プサン)の過去がいる所であり、釜山の人の活力をもっともダイナミックに感じることができる場所。「いらっしゃい、ごらんください、買ってください」の言葉で有名なチャガルチ市場は、釜山の象徴であり、韓国最大の水産物市場で名声を続けている。

  • 太宗台

    まけて立てたような絶壁と奇岩怪石が海外のどの島を思い出させる所。すぐに太宗台だ。 新羅の太宗武烈王が弓術を楽しんだ所だからと言って名付けられた太宗台は、鬱蒼な森と奇岩絶壁、開けた海が調和して異国的な雰囲気を醸し出している。 上り坂の連続であるだけに、運動化は必須、ダヌビ列車に乗って展望台のバス停で降りた後、灯台に続く散策路に沿って歩くのもいい。

その他中釜山(プサン)地域の行って見る所


  • - フィンヨウル文化村 - 戦争以降、避難民が集まって暮らして造成された村である。 釜山港と南港ぜんぶ一つの目に広がる場所中の場所。映画'弁護人'の主要ロケ地ので知られており、以外にも映画'犯罪との戦争'がここで撮影された。 高い崖周辺にさっぱりに伸びた大洋の姿が印象的で華やかな展望を誇る。

  • - 光復洞ファッション通り - この街を除いて釜山の'趣'を論じられない。 光復路の入り口から中区大庁洞の釜山近代歴史館方面と国際市場の入り口まで続くファッション通りは1970年代まで、日本の最新ファッションを最も先に見ることができたところで、現在、光復路の入口の2車線の車道の両側にいろんなファッション売り場が立ち並ぶ、随所にはいろんなカフェも位置している。

  • - BIFF広場 - 釜山劇場、大英シネマ、メガボックスなど、劇場が集まっているここは釜山映画の中心地。 1996年から毎年釜山国際映画祭(BIFF)が開催されており、世界的な監督と映画俳優のハンドプリンティングを見られる。自分の手のひらを重ねて認証写真を残すのは必須コースだ。 釜山の食べ物もビーフ広場周辺で楽しむことができる。

  • - 宝水洞本屋街 - 斜めに積もった本の塔が目を引くここは釜山を越えて、全国を代表する古本屋の路地だ。 6・25戦争当時、避難に来た人たちが住んでいた宝水洞にはテント学校もたくさんできたが、学生たちの通学路だったこの路地に本を売る露店が集まって作られたのが始まりとなった。約200mの狭い路地は長い歴史と同じだけ長くなった古本が新しい飼い主を待っている。

  • - イバグ工作所 - イバグっていうのは方言で意味は話です。 釜山の本物の日常に出会える場所、すぐに中腹の道路だ。 山の中腹を通るという意味の中腹道路は1945年の解放と6・25韓国戦争という民族の歴史、近代工業都市の変遷士などの釜山の実像を会うことができる代表的な場所。 特に、ここに位置した話工作所は山腹道路ルネサンス事業地域の拠点として、地域住民たちの話を伝えるところだ。

  • - 釜山市民公園 - '記憶'、'文化'、'楽しみ'、'自然'、'参加'の5つの活動テーマに分け、空間ごとに特別な時間をプレゼントする。約52万平方メートルの膨大な面積のいたるところでは林道と、散策路、滝や迷路の庭園、公園内の小さな砂浜などで造成された。 特に、高さ25mの構造物で作られた大型噴水'空色の滝'は多くの色の照明やレーザー光が加わり、新たな夜景の美しさを確認することができる。

西釜山コース

  • 出発 ▶
  • ① カムチョン文化村 ▶
  • ② 松島海上ロープウェイ ▶
  • ③ 多大浦海水浴場▶
  • ④ 峨嵋山の展望台
  • ▶ 到着
  • ▶ カムチョン
    文化村
  • ▶ 松島
    海上ロープウェイ
  • ▶ 多大浦
    海水浴場
  • ▶ 峨嵋山の展望台
  • カムチョン文化村

    1950年代の集団居住地で形成されて今は韓国の中の世界的な観光地に躍り出たところでペルーのマチュピチュに似た異国的な村の様子は甘泉だけの独特さを示す。 秩序整然と整理された階段式住宅とその家と家の間を曲がりくねって続いている迷路路地の景観は楽しさと魅力を同時に与えている。 町アートプロジェクトを通じ、街角のいたるところに描かれた壁画を見回すこともいい。

  • 松島海上ロープウェイ

    松島海水浴場は'東洋のナポリ'という浪漫的な愛称がついた。 また、韓国の第1号海水浴場という履歴でも大切にして、2013年には海水浴場開場100周年を迎えた。 ここの景色を一望できる海上ロープウェイは透明ガラスの底のケーブルカーも搭乗可能で、86メートルの高さのタワーを通じて1.62kmのパノラマビューを楽しむことができる。

  • 多大浦海水浴場

    釜山の最も西南に位置するここは浅い水深と比較的温かい水温で、子供たちと一緒に楽しむに良い海水浴場とされている。 近く干潟化が進む部分のおかげで、干潟生物を観察できる自然学習場としても脚光を浴びている。 約五万本の木を植えて防砂林を造成、海の隣で息の中の散歩を楽しむことのできる変わった見どころも享受できる。

  • 峨嵋山の展望台

    2011年2月21日に開館しており、ベルト事業と連携し、名実共に生態観光地づくりで砂島、渡り鳥、夕日などの天恵の洛東江河口の全景を眺望できる最適のView Pointに国内外の探訪客が多く訪れている洛東江河口峨嵋山展望台が建立した。 展望台、展示・案内施設、造景施設などがある。

その他西釜山(プサン)地域の行って見る所


  • - 多大浦夕日噴水 - 涼しい水の流れに加わった華やかな照明、噴水と調和をなす音楽の幻想的な調和がもたらしているここは多大浦(タデポ)旅行で欠かせない手順。 リクエスト曲、お祝いこと、プロポーズなど利用客の参加を通じて、より多彩にしつらえために、自分だけの特別な話を準備してみるのもいい。 事情の申し込みは公演、二日前までにホームページを通じて可能。月曜日は、定期休業だ。

  • - 没雲台 - 16世紀までは島だったここは地形上の特徴に霧や雲がしきりに付けて'没雲台'という名前がついた。 松に満ちた森の道を歩いてみると、自然にヒーリングになる感じを受けることができる。 特に、ここ一帯は夕焼け風景が美しいことで有名だが、日が沈む時間を予め確認して訪問するなら、赤い空の威厳を目で、カメラでいずれも留めて見ることはできないだろうか

  • - 松島海水浴場 - 韓国の第1号海水浴場だと変わった履歴と'松島'という名称は松林が茂っていた昔の姿を通じて付いた名前だと。 海美術祭と賢人歌謡祭などここだけの固定的なイベントで毎年楽しいお客さまの受け入れをしている。 開場100周年を迎えて2013年新たに復元された飛び込み台には以後続けて海上に飛び込み台会を開催している。

  • - 乙淑島渡り鳥の渡来地 - 洛東江の河口に形成された三角州を中心に行われたが、1966年7月に天然記念物に指定。引き潮と上げ潮時にも随時変化した姿を見せ、いろんな自然の変化に合わせて多様な顔を出しているところだ。 葦原が生い茂った草湿地は春と秋に韓国を通るシギの群れを確認することができ、冬には雁の群れの行進を見守ることもできる。

  • - 釜山競馬公園 - 全国最大の馬のテーマパークでは体験展示館、競走馬ランドなど多彩な施設が運営されている複合レジャー空間だ。 ホストリランドとホースアイルランド全域では毎日日没後から深夜まで約1,000万個を超えるLED照明で作り出したイルミアフェスティバルが行われる。最後の立場時間は22時30分。